E判定から限界突破!偏差値アップ 大学受験 塾講師 村田明彦のブログ

E判定から限界突破!偏差値アップ 大学受験 塾講師 村田明彦のブログ

2016.12.15

直前期に成績を上げるために

 



こんにちは。

ミスターステップアップの村田です。

最近は、毎日受験生の質問に答えています。

今日は、受験直前期に成績を上げるポイントについてお伝えします。

必要なものは

自分は今までやり込んできた教材と過去問です。

 まずは、今までやってきた教材(バイブル本)を復習しよう

ミスターステップアップでは、

自分が何度も反復してやり込んできた教材を

バイブル本と呼んでいます。

 

例えば、

数学のバイブル本なら、

白チャート、元気が出る数学、実力アップ問題集など

 

英語のバイブル本なら、

レベル別英文法、レベル別英語長文など

 

まず、それらが本当にアウトプットできるのか確認します。

実際に答えを隠して、ちゃんとアウトプットできるかです。

黙読で勉強している受験生は、

答えさせようしても出てこないことが多いです。

しっかりアウトプットしましょう。

セルフレクチャー(声に出してブツブツ)でやるとスピーディに確認できますが、

自信のない問題はちゃんと手書きで書けるか確認してください。

 

 

過去問を解く

制限時間を測って、過去問を解くようにしましょう。

センター試験ならば、最低でも10年分は解いておきたいですが、

時間がない人は、まずは5年分だけでも解きましょう。

そこからの復習が大事です。

 

過去問を解いたら、バイブル本の知識・解法をどこで使っていたかを確認

 

過去問を解いた後の復習が、もっとも重要です。

ここができていない受験生がかなり多いのです。

 

過去問を復習するときに、

「どこで間違えたのか?」

「どんな知識が必要だったのか?」

「正解にたどり着くためのプロセスは?」

というところをしっかり確認します。

 

そのときに、必ずバイブル本に戻ります。

そして、これまでバイブル本の知識で解けていなかったら、その場ですぐに覚えましょう。

もし、これまでバイブル本の中になかった知識ならば、バイブル本に書き込ます。

それを続けていくと、自分のバイブル本は唯一無二の教材に変ります。

 

まだ、点数が伸びきっていない受験生でも、この作業を続けていくと成績アップのチャンスが訪れます。

逆に恐いのは、今までやってきた教材を手放して、別の教材に手を出してしまうこと。

定着していない知識や解法ばかりで本番に臨むのは危険です。

 

しっかり今までやってきたことを維持しつつ、過去問を解いて、取りこぼしているところを

1つ1つ潰していきましょう。

 

 

 

 

 

 

E判定からの大逆転受験マガジン

読むだけで勉強効率UP!
無料で学べるメール講座

メールアドレス

お名前

E判定からの大逆転受験マガジン

誰でも気軽に無料で学べる!大逆転勉強法7日間メール講座。大逆転勉強法をご覧になった方にもオススメです。

今すぐ実践できる受験ポイントを毎週お届けします。
読むだけで勉強効率UP! お気軽にご登録ください。

メールアドレス

お名前

講師

村田明彦
講師

大学受験塾ミスターステップアップ理数科講師。
同志社大学在学中に読んだ本の冊数は2000冊以上。
話を聞くだけで成績アップの秘訣(ひけつ)がわかり、人生において、どう生きれば成功と幸福を同時に手に入れられるのかがわかる『大逆転勉強法』『限界突破勉強法』『一発合格勉強法』受験指導の後継者。南極老人いわく、「青年期の子供は家族からの独立欲求が強くなり親の言うことはきかない。
信頼できるお兄さん役(他人)が不可欠だ。厳しさと優しさを持ちあわせた、賢くて勇気のあるお兄さん役として、彼ほどの適任はめったにいない」と。

  • この記事を書いた人

村田明彦
講師

大学受験塾ミスターステップアップ理数科講師。
同志社大学在学中に読んだ本の冊数は2000冊以上。
話を聞くだけで成績アップの秘訣(ひけつ)がわかり、人生において、どう生きれば成功と幸福を同時に手に入れられるのかがわかる『大逆転勉強法』『限界突破勉強法』『一発合格勉強法』受験指導の後継者。南極老人いわく、「青年期の子供は家族からの独立欲求が強くなり親の言うことはきかない。
信頼できるお兄さん役(他人)が不可欠だ。厳しさと優しさを持ちあわせた、賢くて勇気のあるお兄さん役として、彼ほどの適任はめったにいない」と。

SNSで購読する

関連記事

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SNSで購読する

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

著書