E判定から限界突破!偏差値アップ 大学受験 塾講師 村田明彦のブログ

E判定から限界突破!偏差値アップ 大学受験 塾講師 村田明彦のブログ

2016.05.11

勉強しているフリをやめよう

こんにちは。
ミスターステップアップの村田です。

まず、成績を上げるために必要なことがあります。

それは、勉強しているフリをやめることです。

勉強しているフリをするのが、当たり前になっている人がいます。

「10時間勉強できた!」
「問題集1冊できた!」

と言って、自分を安心させてしまうのです。

image


フリをするのが染みついて、自分で気づいていません。

いかに
「10時間座っていたけど、4時間しか集中できていなかったな」
「1冊問題集をやったけど、まだまだ穴があるな」

と気づくことができるかです。

勉強しているフリをする原因に、
「怒られたくないから」
「かっこつけたいから」
というのがあります。

勉強していない姿を見ると、大人に怒られる。
勉強できる友達と比較して、勉強できるようになりたいから、勉強しているフリをする。

そこから、いかに中身のある勉強にシフトすることができるかです。

まずは、ストップウオッチで「本当に集中できていた」という時間を計ってみましょう。

案外少ないかもしれません。

そこから、改善していくようにしましょう。











E判定からの大逆転受験マガジン

読むだけで勉強効率UP!
無料で学べるメール講座

メールアドレス

お名前

E判定からの大逆転受験マガジン

誰でも気軽に無料で学べる!大逆転勉強法7日間メール講座。大逆転勉強法をご覧になった方にもオススメです。

今すぐ実践できる受験ポイントを毎週お届けします。
読むだけで勉強効率UP! お気軽にご登録ください。

メールアドレス

お名前

講師

村田明彦
講師

大学受験塾ミスターステップアップ理数科講師。
同志社大学在学中に読んだ本の冊数は2000冊以上。
話を聞くだけで成績アップの秘訣(ひけつ)がわかり、人生において、どう生きれば成功と幸福を同時に手に入れられるのかがわかる『大逆転勉強法』『限界突破勉強法』『一発合格勉強法』受験指導の後継者。南極老人いわく、「青年期の子供は家族からの独立欲求が強くなり親の言うことはきかない。
信頼できるお兄さん役(他人)が不可欠だ。厳しさと優しさを持ちあわせた、賢くて勇気のあるお兄さん役として、彼ほどの適任はめったにいない」と。

  • この記事を書いた人

村田明彦
講師

大学受験塾ミスターステップアップ理数科講師。
同志社大学在学中に読んだ本の冊数は2000冊以上。
話を聞くだけで成績アップの秘訣(ひけつ)がわかり、人生において、どう生きれば成功と幸福を同時に手に入れられるのかがわかる『大逆転勉強法』『限界突破勉強法』『一発合格勉強法』受験指導の後継者。南極老人いわく、「青年期の子供は家族からの独立欲求が強くなり親の言うことはきかない。
信頼できるお兄さん役(他人)が不可欠だ。厳しさと優しさを持ちあわせた、賢くて勇気のあるお兄さん役として、彼ほどの適任はめったにいない」と。

SNSで購読する

関連記事

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SNSで購読する

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

著書